連休に格安旅行に行くおすすめの方法と裏技; 飛行機、新幹線どっち?それともツアー?

ゴールデンウィークやシルバーウィークなどの連休に旅行に行きたいけれど、旅行代金が上がってしまいなかなか行けないという方が多いかと思います。

そんな時にもお得に旅行できる方法をご紹介します。

すばり!! 連休の旅行は新幹線ツアーを使いましょう。

これにつきます。

スポンサーリンク

飛行機ツアーと新幹線ツアーで青森旅行を比較してみた

例えば飛行機、列車両方で旅行に行ける青森を例にしてみます。

以下の条件で探してみましょう。

・2018年9月22-24日の連休
・宿泊1泊3日のスケジュール、出発地は東京
・宿泊先は酸ヶ湯温泉旅館(9月22日泊)
・参加人数2名
・料金確認は2か月半前(7月8日)
・午前発、午後帰りのフルプラン

秋の青森で、しかも有名温泉旅館の酸ヶ湯です。なかなか良さそうなプランですよね。1泊3日にして、残り1泊は好きなところに宿泊しようという欲張り計画です。

飛行機で行くのはとても高い!!

まず青森の空港に飛行機を飛ばしているJALとANAの航空券運賃を見てみましょう。

JAL(羽田-青森)
・そもそも行きの朝便が売り切れ(涙)
・最安で34580円(往復1名)、22日午後発、24日最終便帰り
ANA
・羽田-青森路線無し
まぁ、この時点ですでに絶望的な状況ですね。なんとJALは朝便が売り切れ。これは先得ですので、通常料金が今後売り出される可能性がありますが、少なくとも現在の最安価格よりも安くなることはないでしょう。ANAに至っては青森に飛んでいないし。もし飛んでいても、価格は似たようなものでしょうね。

飛行機ツアー(ダイナミックパッケージ)もやっぱり高い。

それでは次に飛行機のチケットを単独で買うよりは多少安くなるといわれるツアーを検索してみます。以下、料金はいずれも1名分です、
→72900円
→86500円(但し22日の宿泊売り切れ、23日宿泊分)
JTB
→57000円

むー、高いですね。酸ヶ湯温泉の宿泊料金は連休でも1.2万円程度ですから、これなら飛行機と宿泊を別々に予約したほうが良いです。

しかも、飛行機路線を自社抱えしているJALパックよりも、JTBのほうが安かったというところが、興味深いですね。

ただし、いずれの旅行会社でも、飛行機のチケットは行きの午前、帰りの午後とベストの時間を選ぶことが出来ました。

★新幹線利用の列車ツアーはとってもお得

それでは次に新幹線を使ったツアーを探してみます。比較したのはJR東日本びゅうツアー、JTBそして日本旅行です。

JR東日本びゅうツアー
→34000円
JTB
→34900円
日本旅行
→36400円

ということで、新幹線利用のツアーのほうが圧倒的にお安くなっています!!

安い順番は、やはりJRの旅行会社であるびゅうツアー、そして安定のJTBでした。日本旅行も、JR+宿泊に力を入れているだけあって、リーズナブルな価格となりました。

2万円以上、場合によっては5万円ほども違うという、この圧倒的な差にドン引きするくらいに価格差があります。うーむ、これはやばいね。

ちなみに東京-新青森の通常JRチケット(指定席込み)は片道17350円。
9月22日の酸ヶ湯温泉旅館の宿泊は11880円でした。

したがいまして大人2名でJRと宿泊を別々に予約する通常料金だと46580円ということになります。ツアーだと1万円以上安くなるということですね。


新幹線ツアーのデメリット

さて、これまでお見せした通り、連休中の旅行代金は基本的には、新幹線利用ツアーが圧倒的にお安くなっています。この傾向は大体どの連休、ゴールデンウィークでもシルバーウィークでもかわりません。

これはおそらくJRなどの鉄道は、連休中でも料金が変わらないためかと思われます。列車の本数も多いですしね。

飛行機はJRなどに比べると自由に料金設定が可能ですから高くなるのでしょう。また本数が列車と比べるとどうしても少なくなりますしね。

ですが、やはりデメリットもあります。それは、

・JR発売日(1か月前)まで予約がとれるかどうかわからない。

というものです。

JTBにしてもびゅうツアーにしても、ツアー予約は引き受けてくれるのですが、それは仮予約となります。

新幹線を含めたJRの鉄道切符の販売が1か月前ですので、その後にならないと予約が決定とはならないのです。

場合によっては、

・新幹線の切符がとれなかったのでキャンセル (申込者が多すぎたため)

・希望していた時間と異なる時間の列車になった

などという可能性があります。残念ながら、これはどうしようもありません。

もう1つのデメリットとして、

・飛行機よりも時間がかかる。

・北海道、沖縄など遠いところに行けない。

といったものがあります。

これもある程度、仕方がありません。とはいえ、新幹線の場合は、空港での面倒な手続きもいりませんので、国内往復で見れば、そこまで飛行機との時間差はないような気もします。

連休の新幹線ツアー注意点・裏技・おすすめ旅行会社

さて、それでは上に書いたような予約キャンセルなどが起こらないようにするためには、どうしたら良いのでしょうか。予約を必ずとれる・・・とは言いませんが、予約の可能性が高まる方法をご紹介します。

・とにかく早く予約する。

まずは、これです。飛行機のツアーが満席であるように、2か月半前では遅すぎるくらいです。新幹線などのJRは、飛行機に比べれば座席がとりやすいかもしれませんが、それでもなるべく早く予約しましょう。

通常、JRなど新幹線の切符は1か月前発売ですが、ツアーの場合は早い場合には4~6か月前くらいから発売になります。その申し込み順で、旅行会社はJRの切符手配に入ります。

実は、旅行会社はJRとあらかじめ契約してあり、ある程度のツアー用座席をおさえています。これも、申し込み順で販売されるので、予約はとにかく早いほうが良いのです。

・行先の違う旅行も組み合わせて予約する

運悪く、予約が取れなかった場合も考えて、違う目的地のツアーも予約しておきましょう。この場合のコツは、違う路線(新幹線)を使った予約をするということです。

つまり、青森の酸ヶ湯温泉がとれないかもしれないから、では青森の谷地温泉にしようということでは、ダメということです。これでは東北新幹線がかぶってしまいます。

オンラインツアー予約がとれないのは、宿の予約というよりも、新幹線がとれるかどうか、にかかっています。ですので、同じ新幹線のエリアをよやくしてもダメということです。

今回で言えば、青森に東北新幹線で行く予約の保険として、新潟に上越新幹線で行く予約をしておくべきなのです。

ちなみに違う会社で同じ路線のツアーを念のために予約、ということも出来なくはありませんが、多少可能性は上がるかもしれませんが、それでも目的地を替えて予約しておくほうが安全かと思います。

JR東日本びゅうツアーを使う

上にも書きましたが、やはりJRの会社ですので、新幹線の予約には強いかと思われます。

JTBで予約する

管理人はこれまでにもJTBのダイナミックパッケージを使ってきましたが、まったく新幹線の予約が取れなかったことはありませんでした。その列車は取れないけれど、次のならばとれます、ということはちょこちょこありましたが・・・。

この他にもJRツアーを扱っている旅行会社としては、日本旅行もおすすめです。管理人も利用経験があります。

まとめ

それでは連休の旅行を格安にするための方法、まとめです。

・新幹線など列車ツアーがおすすめ
・なるべく早く予約しよう
・使用路線が違う別の目的地も保険にする
JR東日本びゅうツアJTBがおすすめ。

こういったことに気をつけていただくと、予約がとりやすいかと思います。

2018年の秋のシルバーウィーク、管理人も新幹線ツアーを予約しています。予約結果はまたご報告しますね。

ふるさと割情報館も要チェック!!

ふるさと割情報館ではツアーや宿泊で利用可能な割引クーポンの情報などをリアルタイムで紹介しています。今回のツアーも1泊3日したのは、もう1泊を割引クーポン利用したほうが安いし、好きなところに泊まれるからです。

ぜひこちらのサイトもチェックしてください。

ふるさと割情報館はこちら

ふるさと割クーポン・ふっこう割・全国旅行割引情報ブログ2018
ふるさと旅行券・九州ふっこう割・ふくおか応援割・プレミアム宿泊券・プレミアムフライデーを中心にお得な海外旅行・国内旅行宿泊割引クーポンを紹介するブログ(2018年・平成30年版)。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする