【本日午後】北海道ふっこう割第2弾販売開始(時間未発表)
【配布中】ヤフートラベル北海道ふっこう割クーポン!!
【配布中】るるぶトラベル
【16時】じゃらん北海道ふっこう割第2弾クーポン
【18時】楽天トラベル
ヤフートラベル
じゃらん
dトラベル



レンタカーの乗り捨ては格安旅行に欠かせない。おすすめ予約サイト・利用方法・お得な料金・メリット・注意点など解説。

旅行にレンタカーを利用される方は多いかと思います。管理人もよく使います。どのように使われるかはそれぞれかと思いますが、管理人が最もよく利用する方法が、乗り捨てです。

とっても便利なのですが、意外と利用されていないので、レンタカーの乗り捨てについてまとめてみようと思います。

★レンタカーの乗り捨てとは?

レンタカーの乗り捨てとは、簡単に言えば、
レンタカーを借りた場所(営業所)ではなく、違う場所(営業所)に返すこと
となります。


つまり、

東京駅で借りる

新横浜駅で返す
みたいな感じです。これがとっても便利なんですね。

レンタカー乗り捨てのメリットとは?

レンタカーの乗り捨ては旅行でも長距離を移動する際にとても有効になります。

例えば、管理人は昨年の夏、北海道の稚内から釧路まで南北を縦断する旅行をしましたが、この時に稚内空港で借りて、釧路空港で返却するという乗り捨てをしました。



もし、これが稚内空港まで返しに行かなければならなかったとしたら・・・・・ちょー大変ですよね。片道で506kmあるのですから、往復したら1000kmを超えてしまいます!!

このようにレンタカーの乗り捨ては、旅行の際に有効活用すると、とっても便利です。


乗り捨てレンタカーの予約方法

レンタカー乗り捨ての予約方法ですが、オンライン予約では、検索時に乗り捨て利用を選択します(画像参照してください)。そうすると、利用可能なレンタカーが表示されます。簡単です。

あたりまえですがレンタカー会社によって、返却できる営業所が異なりますので、注意してくださいね。


レンタカー乗り捨ての注意点

とっても便利なレンタカーの乗り捨てですが、いくつか注意点があります。

以下に羅列していきますので、予約する際は十分に気を付けてください。


乗り捨てできないレンタカー会社とエリアがある

まず乗り捨てできないレンタカー会社があります。

乗り捨ては全国に営業所を持つ大きなレンタカー会社でないと、まず出来ません。

小さいレンタカー会社だといくつか営業所はあっても、車の数が少ないので、乗り捨てができなかったり、断られることが多いです。


次に、乗り捨てできないエリアがあります。

具体的には、
東北→北海道
本州→九州 など、長距離で海を渡る場合
は乗り捨てが出来ない場合が多いです。ただ、このあたりはレンタカー会社さんによって規定が違いますので、問い合わせてみてください。
Array style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-6526460920470281"
data-ad-slot="4046987619">

乗り捨て料金がかかる (同じ県内はかからない場合が多い)

そして大事な点ですが、乗り捨て料金がかかります。

数千円~1万円以上の場合まで。

距離に比例します。

例えばトヨタレンタカーの場合、東京→新横浜で2160円の乗り捨て料金が必要です。
まぁ、これはある程度仕方がありませんね。

乗り捨て料金は、レンタカー会社によって異なりますから、乗り捨て予約をする際には、乗り捨て料金まで含めてしっかりと計算して、予算をたてましょう。

ところが、この乗り捨て料金、同じ県内だとかからない場合が多いです(北海道は別です笑)。

今度はまったく同じ日程、車種で東京→秋川で乗り捨てレンタカーを検索してみます。

なんと、この場合、乗り捨て料金は不要です。

東京の銀座、有楽町あたりからなら、新横浜より秋川のほうが遠いような気もしますが・・・。

この県内乗り捨て料金無料は、比較的多くのレンタカー会社が採用していますので、チェックしてみてください。
行きはレンタカーでいろいろ見物しながら、帰りは電車ですぐに帰るという行程が可能になるわけです。

おすすめのサイトと予約方法

さて、おすすめのレンタカー会社と予約方法のご紹介です。

レンタカーをオンラインで予約される方は多いかと思いますが、乗り捨て予約できる旅行サイトは限られています。

おすすめサイトはじゃらんと楽天です。

じゃらんレンタカー
楽天レンタカー
この2つのサイトは割引クーポンも配布していますし、非常に使いやすいです。乗り捨ても充実していますので、おすすめ。

もう1つが、

→たびらい
になります。こちらのサイトはクーポンがありませんので、楽天やじゃらんほどの爆発力はないのですが、すべて免責保障込みですし、安定して安いです。おすすめですね。

これらのサイトで乗り捨て検索していただき、予約されるのが良いかと思います。


レンタカー乗り捨てのまとめ

さて、それではレンタカー乗り捨てにする際のまとめです。
・乗り捨てとは借りた営業所と違う営業所に返すこと
・旅行の行程やスケジュール次第で非常に便利
・乗り捨て料金がかかるので注意
・県内乗り捨て無料の場合もある
・おすすめ予約サイトは,じゃらんレンタカー楽天レンタカーたびらい
それではレンタカーの乗り捨てを上手に使って良いご旅行を。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする